和菓子がテーマのキャラクターグッズ|ワスイーツタウン ワスイーツタウンでは、和菓子をモチーフにしたオリジナルキャラクター「わらびモッシュくん」をはじめ、オーナーの純至が生み出したキャラクターグッズを制作・販売しております。Tシャツやパーカーといったアパレルから、携帯ケースやマグカップなどの雑貨まで、幅広く取り揃えておりますので、のんびりほっこりとゆっくりお楽しみください。

GLAYのデビュー26周年で辿ってみる、自分の音楽遍歴。20代編

GLAYのデビュー26周年で辿ってみる、

自分の音楽遍歴。20代編

 

20代

 

2000年ごろは20代前半で学生時代のバイト先のスタッフが幸運にも音楽好きが集まっていた。

そこで自分の好みだけだったら絶対に聴かないアーティストにたくさん出会うことができました。

 

それまで好んで聴いていたのはビジュアル系とジャーマンメタル。

特にジャーマンメタル(ピュアメタル?シンフォニックメタル?)にハマってからは

ギターをコピーするなら速弾き(これが全然弾けないの)ばかりになっていました。

 

そこからレイジアゲインストザマシーンやレッチリ、ミッシェルガンエレファントや奥田民生にハマっていくとは思ってもみなかったですね。

メロディアスで複雑で早くて凄いだけではなく、カラオケで皆でワイワイ盛り上がる系にもハマっていった感じですね。

特にこのころは空前のミクスチャーブームに音楽業界が沸いていてロックにラップを足すという発想がとにかくカッコよかったのです。

こうなるとJ-Popをほとんど聴かなくなり洋楽ロックの虜でした。

 

その中でもZebraheadの影響はかなり受けて、何度かライブに行きました。

ライブでは当時のギタリストのグレッグが投げたピックを手にしたのはいい思い出です。

 

それでもGLAYだけは思い入れが強くてオリジナルアルバムは追っていました。

 

 


2000年 11月29日 Best ALBUM「DRIVE -GLAY complete BEST-」

 

Disc 1
1. とまどい(Jet the Phantom)
2. 口唇
3. SHUTTER SPEEDSのテーマ
4. ずっと2人で⋯
5. グロリアス
6. a Boy~ずっと忘れない~
7. 生きてく強さ
8. HAPPY SWING
9. 彼女の”Modern⋯”
10. SOUL LOVE
11. HOWEVER
12. I’m in Love

Disc 2
1. 誘惑
2. 生きがい
3. ビリビリクラッシュメン
4. BELOVED
5. HAPPINESS
6. サバイバル
7. pure soul
8. BE WITH YOU
9. Winter,again
10. 春を愛する人
11. SPECIAL THANKS
12. Missing You

 

オリジナル・アルバムがあるのでこれは購入しなかった。Disc.2のM-12「Missing You」もシングルで持っていたし。

Disc 1のM-1とまどい(Jet the Phantom)だけは最後の余韻に浸りながら終わっていくのが気持ち良くてこの曲だけは欲しかった。

 

大学2年生(エピソード)

友達とGLAYやBON JOVI、OASISのコピーバンドをしていた。

オリジナル曲もしていてスタジオで音を出すのが楽しい時期でした。

 

 

この頃に聴いていたアーティスト

Limp Bizkit / 「Chocolate Starfish and the Hot Dog Flavored Water」

NIRVANA / 「ネヴァーマインド」

Guns N’ Roses / 「アペタイト・フォー・ディストラクション」

Bon Jovi / 「クラッシュ」

Green Day / 「ドゥーキー」

Oasis / 「モーニング・グローリー」

Slipknot / 「Slipknot」

Van Halen / 「1984」

Radiohead / 「キッド A」

 

 


2001年 11月28日 6th ALBUM「ONE LOVE」

 

1. ALL STANDARD IS YOU
2. WET DREAM
3. 嫉妬(KURID/PHANTOM mix)
4. HIGHWAY No.5
5. Fighting Spirit
6. ひとひらの自由(Johnny the peace mix)
7. THINK ABOUT MY DAUGHTER
8. VIVA VIVA VIVA
9. Prize
10. MERMAID
11. mister popcorn
12. 電気イルカ奇妙ナ嗜好
13. STAY TUNED
14. 君が見つめた海
15. 夢遊病
16. Christmas Ring
17. GLOBAL COMMUNICATION
18. ONE LOVE ~ALL STANDARD IS YOU reprise~

 

この時期のシングル曲があまり好きではなかった。(M-6 ひとひらの自由は好きだったけど)

アルバムの曲の多さに不安があったけど、そんな不安を吹き飛ばすような自分好みのアルバムでした。

M-3の嫉妬やM-11~M-16の後半の流れはかなり気に入っている。

 

 

大学3年生(エピソード)

GLAY EXPO 2001 “GLOBAL COMMUNICATION” これまた友達に誘われて福岡に参戦。

朝日を見ようと行われたオールナイトライブだったけど曇っていたような…

NEVER MINDの「ヤンバルクイナ(イノキのリズムで)」を聴けたのが一番嬉しかったかも

 

そして空前のミクスチャーブーム!

その後、Zebraheadのライブは3回くらい観に行ってた。

バイト先の友達とは音楽の趣味が似ていたのでみんなでよくカラオケに行ってたのはいい思い出。

 

 

この頃に聴いていたアーティスト

THE MAD CAPSULE MARKETS / 「010」

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT / 「ギヤ・ブルーズ」

 

Zebrahead / ALBUM「プレイメイト・オブ・ザ・イヤー」

SUM 41 / ALBUM「オール・キラー・ノー・フィラー」

Blink-182 / ALBUM「テイク・オフ・ユア・パンツ・アンド・ジャケット」

Slipknot / ALBUM「Slipknot」

Ben Folds Five / ALBUM「ベン・フォールズ・ファイヴ」

Linkin Park / ALBUM「ハイブリッド・セオリー」

Red Hot Chili Peppers / ALBUM「ワン・ホット・ミニット」

 

 


2002年 9月19日 7th ALBUM「UNITY ROOTS & FAMILY, AWAY」

 

1. WE ALL FEEL HIS STRENGTH OF TENDER
2. またここであいましょう
3. girlish MOON
4. Way of Difference
5. 航海
6. ゆるぎない者達
7. 夏の彼方へ(Johnny the unity mix)
8. neverland
9. 彼らのHOLY X’MAS
10. Father & Son
11. 卒業まで、あと少し
12. Friend of mine
13. ALL STANDARD IS YOU~END ROLL~

 

”燃え尽き症候群”と呼ばれていたような問題のアルバム。

全体を通して大人しいアルバムだったけど、全作品の中で一番まとまりのあるアルバムに感じました。

個人的にはすごく好きなアルバムで、これからこの路線でも全然不満はなかったかな。

自分の中では和製 U2みたいな印象だった。

 

大学4年生(エピソード)

ジャーマンメタルとは真逆とも言えるギターサウンドに度肝を抜かれてレッチリにハマっていきました。

職場の先輩とレイジアゲインストザマシーンをスタジオでコピーして遊んだのが本当に楽しくて、

また同じメンバーでスタジオに入れたらいいなと思ってますね。

 

あと、ウルフルズや奥田民生に自分がハマるとも思っていなかったのも面白いなぁと思いましたね。

見た目がカッコいいだけじゃなくて、汗臭くてもカッコいいみたいなものが分かるようになってきたのかも。

 

この頃に聴いていたアーティスト

奥田民生 / ALBUM「E」

ユニコーン / ALBUM「THE VERY BEST OF UNICORN」

ゆらゆら帝国 / ALBUM「ゆらゆら帝国II」

ウルフルズ / ALBUM「ウルフルズ」

 

Rage Against The Machine / ALBUM「Rage Against The Machine」

Foo Fighters / ALBUM「ザ・カラー・アンド・ザ・シェイプ」

Avril Lavigne / ALBUM「Let Go」

Fatboy Slim / ALBUM「You’ve Come a Long Way, Baby」

 

 


2003年 3月25日 Concept ALBUM「rare collectives vol.1 & 2」

rare collectives vol.1

 

Disc 1
1. Life ~遠い空の下で~
2. INNOCENCE
3. REGRET
4. GONE WITH THE WIND
5. ACID HEAD
6. Believe in fate
7. Together (new version with orchestra)
8. 春を愛する人
9. I’m yours
10. Little Lovebirds
11. 毒ロック
12. ストロベリーシェイク
13. It’s’ dying It’s not dying
14. 幸せになる、その時に。

 

Disc 2
1. INNOCENCE (LIVE VERSION1995.6.12.in SHIBUYA KOKAIDO)
2. 見つめていたい(from GLAY TOUR ’98 pure soul PAMPHLET CD)
3. サバイバル(LIVE VERSION 99.3.10 IN TOKYO DOME)
4. MISERY(from The Album「hide TRIBUTE SPIRITS」)
5. MISERY(GLAY EXPO’99 SURVIVAL LIVE VERSION)
6. ここではない、どこかへ(GLAY EXPO’99 SURVIVAL LIVE VERSION)
7. ひとひらの自由(GLAY EXPO 2001“GLOBAL COMMUNICATION” IN KYUSHU VERSION)

 

 

rare collectives vol.2

 

Disc 1
1. Young oh!oh!
2. HELLO MY LIFE
3. summer FM
4. ROCK ICON
5. Good Bye Bye Sunday
6. TIME
7. WHY DON’T WE MAKE YOU HAPPY
8. GOOD MORNING N.Y.C
9. BACK-UP
10. Super Ball 425
11. 卒業まで、あと少し
12. BROTHEL CREEPERS
13. いつか

 

Disc 2
1. 17bars(Instrumental)
2. Cynical
3. neuromancer
4. アイ
5. Surf Rider
6. GIANT STRONG FAUST SUPER STAR
7. 17ans
8. I’m yours(Knightmare mix’99)
9. 道産子シーサー(GALAY a.k.a.GLAY+ガレッジセール)

 

 

シングルのカップリングベストは持っていないシングルがあったので2枚とも買いました。

全部で4枚と凄いボリューム!

まだHSASHIの曲は治外法権みたいなものらしくて「rare collectives vol.2 Disc.2」にまとめられていた。

 

このアルバムにはGLAYの自己ベストで上位に選ぶ曲がとにかく多い。

vol.1 Disc 1ではM-1 Life ~遠い空の下で~ M-5 ACID HEAD

           Disc 2ではM-4 MISERY M-7 ひとひらの自由 

 

vol.2 Disc 1ではM-2 HELLO MY LIFE M-4 ROCK ICON

           Disc 2ではM-6 GIANT STRONG FAUST SUPER STAR(この曲が欲しくて買ったアルバムかもしれない)

 

 

20代前半~(エピソード)

GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2003 これを最後にGLAYのライブには行っていない。

 

このころは当時ではポスト・レッチリとも言われていたincubusにドはまりしていた。

ジャンベという民族楽器は今でも欲しいと思っている。

 

ミクスチャー・ロック以外にはジャズも聴くようになって、日本人では綾戸智絵をよく聴いていましたね。

近所のホールにライブに来たので見に行ってきましたよ。

歌も演奏も素晴らしかったけど、MCも飽きさせないトークで面白かったです。

 

 

この頃に聴いていたアーティスト

綾戸智絵 / ALBUM「My Life」

eastern youth / ALBUM「旅路ニ季節ガ燃エ落チル」

 

Incubus / ALBUM「Morning View」

Hoobastank / ALBUM「ザ・リーズン」

Marilyn Manson / ALBUM「ホーリー・ウッド〜イン・ザ・シャドウ・オブ・ザ・ヴァリー・オブ・デス」

The Strokes / ALBUM「ルーム・オン・ファイア」

Sublime / ALBUM「sublime」

Metallica / ALBUM「セイント・アンガー」

 

 


2004年 3月24日 8th ALBUM「THE FRUSTRATED」

 

1. HIGHCOMMUNICATIONS
2. THE FRUSTRATED
3. ALL I WANT
4. BEAUTIFUL DREAMER
5. BLAST
6. あの夏から一番遠い場所
7. 無限のdeja vuから
8. 時の雫
9. Billionaire Champagne Miles Away
10. coyote,colored darkness
11. BUGS IN MY HEAD
12. Runaway Runaway
13. STREET LIFE
14. 南東風

 

前作とは打って変わってロックなアルバムを出してきた。特に前半はこれまでにないくらい攻めている。

アルバムのハイライトでもあるM-12「Runaway Runaway」が後半にあるのは良かった。

でもM-13 STREET LIFEが一番好きですね。

こういうアルバムを聴くとやっぱりロックなアルバムを作ってほしいと思いましたね。

 

20代前半~(エピソード)

この時期はJ-popをほとんど聴いていなくて

流行っていたバンプやアジカンはアルバムを借りて聴いていた様な…

 

そしてレッチリのギタリスト・ジョンのソロにここからのめり込んでいきました。

 

この頃に聴いていたアーティスト

BUMP OF CHICKEN / ALBUM「ユグドラシル」

ASIAN KUNG-FU GENERATION / ALBUM「ソルファ」

 

John Frusciante(Red Hot Chili Peppers) / ALBUM「シャドウズ・コライド・ウィズ・ピープル」

Papa Roach / ALBUM「Lovehatetragedy」

Björk / ALBUM「ヴェスパタイン」

Kasabian / ALBUM「Kasabian」

The Mars Volta / ALBUM「ディラウズド・イン・ザ・コーマトリアム」

The Music / ALBUM「ザ・ミュージック」

 

 


2005年1月19日 Ballad Best Singles「WHITE ROAD」

 

1. ホワイトロード
2. Way of Difference
3. SOUL LOVE
4. BELOVED
5. SPECIAL THANKS
6. Blue Jean
7. 逢いたい気持ち
8. a Boy~ずっと忘れない~
9. HOWEVER
10. ずっと2人で…
11. BE WITH YOU
12. Winter,again
13. 時の雫
14. つづれ織り ~so far and yet so close~

 

テーマが違うとはいえベストアルバムの出しすぎ感は否めない。

大人の事情でもあったのかな?

このころのGLAYから少し遠ざかるようになっていました。

でもM-14 つづれ織り ~so far and yet so close~はいい曲なんで単独で買いましたね。

 

20代後半~(エピソード)

この当時、世界で一番アルバムの発売を期待されているアーティストのSystem Of A Downに度肝を抜かれて中毒になりました。

実際にセカンドアルバムの邦題は「中毒」でしたが、その後に発売された「メズマライズ」と「ヒプノタイズ」に

まんまとハマりましたね。

歌えなくてもカラオケで歌っていた。

 

段々エピソードと呼べるほどの出来事が無くなってきているような気がする。

 

 

この頃に聴いていたアーティスト

DEPAPEPE / 「SUMMER PARADE」

山弦 / 「High Life」

 

System Of A Down / ALBUM「メズマライズ」「ヒプノタイズ」

Sigur Rós / ALBUM「タック Takk…」

Coldplay / ALBUM「静寂の世界」

Jack Johnson / ALBUM「On and On」

Kate Bush / ALBUM「エアリアル」

Maroon 5 / ALBUM「ソングス・アバウト・ジェーン」

Speech / ALBUM「Love Life Music -Ballads Best」

Tahiti 80 / ALBUM「フォスベリー」

 

 


2007年 1月31日 9th ALBUM「LOVE IS BEAUTIFUL」

 

1. ROCK’N’ROLL SWINDLE (Album version)
2. 変な夢 ~THOUSAND DREAMS~
3. 100万回のKISS
4. 夏音
5. AMERICAN INNOVATION
6. ANSWER (Album version)
7. 僕達の勝敗
8. サラギの灯
9. WORLD’S END
10. SCREAM (Album version)
11. 恋
12. I will~
13. LAYLA (Album version)
14. MIRROR

 

M-6「ANSWER 」氷室京介とのコラボには鳥肌が立った。

高校生の時に憧れたバンドのメンバーと共同作業をするって凄い事ですよね。

まじめに活動を続けていたGLAYの音楽がしっかり届いて評価されているのはファンとしても嬉しいですね。

 

20代後半~(エピソード)

うーん、もはや何も思い出せない

 

この頃に聴いていたアーティスト

Travis / ALBUM「ザ・ボーイ・ウィズ・ノー・ネーム」

ENDLICHERI☆ENDLICHERI / ALBUM「Coward」

Muse / ALBUM「ブラック・ホールズ・アンド・レヴァレイションズ」

Skindred / ALBUM「Roots Rock Riot」

Snow Patrol / ALBUM「Eyes Open」

 

 


2009年 6月10日 Best ALBUM「THE GREAT VACATION VOL.1 ~SUPER  BEST OF GLAY~」

    10月21日 Best ALBUM「THE GREAT VACATION VOL.2 ~SUPER  BEST OF GLAY~」

 

THE GREAT VACATION VOL.1 ~SUPER  BEST OF GLAY~

 

Disc 1
1. 誘惑(再録)
2. MERMAID
3. Missing You
4. GLOBAL COMMUNICATION
5. STAY TUNED
6. ひとひらの自由
7. Way of Difference
8. またここであいましょう
9. 逢いたい気持ち
10. いつか
11. BEAUTIFUL DREAMER
12. STREET LIFE
13. 時の雫
14. 天使のわけまえ
15. ピーク果てしなく ソウル限りなく

Disc 2
1. Blue Jean (Jet the Phantom Mix)
2. ホワイトロード
3. SCREAM/ GLAY×EXILE
4. ROCK’N’ROLL SWIDLE
5. LAYLA
6. ANSWER/GLAY feat.KYOSUKE HIMURO
7. 夏音
8. 変な夢 ~THOUSAND DREAMS~
9. 100万回のKISS
10. MIRROR
11. 鼓動
12. 僕達の勝敗
13. SORRY LOVE
14. 紅と黒のMATADORA
15. 春までは

Disc 3

1. Burning Chrome
2. ASHES-1969-
3. VERB
4. laotour~震える拳が掴むもの~
5. THE BIRTHDAY GIRL
6. I LOVE YOUをさがしてる
7. いつかの夏に耳をすませば
8. NO ESCAPE
9. Synchronicity
10. I am xxx
11. RUN
12. SAY YOUR DREAM
13. リズム

 

THE GREAT VACATION VOL.2 ~SUPER  BEST OF GLAY~

 

Disc 1
1. RAIN
2. 真夏の扉
3. 彼女の“Modern⋯”
4. Freeze My Love
5. ずっと2人で…
6. GONE WITH THE WIND
7. Yes, Summerdays
8. 生きてく強さ
9. グロリアス
10. BELOVED
11. a Boy~ずっと忘れない~
12. カーテンコール
13. 春を愛する人
14. 口唇
15. HOWEVER

Disc 2
1. 誘惑
2. SOUL LOVE
3. pure soul
4. I’m in Love
5. BE WITH YOU
6. Winter,again
7. サバイバル
8. ここではない、どこかへ
9. HAPPINESS -WINTER MIX-
10. とまどい
11. SPECIAL THANKS
12. ごらん、世界は苦しみに満ちているよ。(再録)
13. TWO BELL SILENCE(再録)
14. SHUTTER SPEEDSのテーマ(再録)
15. ACID HEAD(再録)
16. BURST(再録)

Disc 3
1. GREAT VACATION
2. FAME IS DEAD
“3. absolute”ZERO”
4. RainbirD
5. LET ME BE
6. BLACK EYES SHE HAD
7. Tokyo vice terror
8. 1988
9. RUCA
10. おまえと供にある
11. REAL SHADOW

 

 

このアルバムは本当に謎でシングルベストに新作のアルバムが追加されるという内容でしたね。

アルバムの方向性が決まっていなかったので出したシングルとその時にあった新曲を足した物らしいです。

この時期のシングル曲は好きな曲が多かったので、ちゃんとオリジナル・アルバムとして出してほしかった。

THE GREAT VACATION VOL.1のDisc 3のM-10「I am xxx」がとにかくカッコいいのでもっとライブでしてほしい。

 

20代後半~(エピソード)

このころに知り合った人たちと遊びでスタジオに入った時の選曲が面白かったな。

SUPER BUTTER DOGとMETALLICAとレッチリをコピーって何でもあり感が楽しかった。

 

この頃に聴いていたアーティスト

SUPER BUTTER DOG / ALBUM「犬にくわえさせろ」

 

IllScarlett / ALBUM「オール・デイ・ウィズ・イット」

The Clash / ALBUM「ロンドン・コーリング」

The Inspector Cluzo / ALBUM「The Inspector Cluzo」

The Killers / ALBUM「デイ&エイジ」

 

 

GLAYのデビュー26周年で辿ってみる、自分の音楽遍歴。30代編


 

コメントは受け付けていません。

特集